2014年09月15日

人間関係の難しさ

連続の投稿となりますが、ご容赦を。

実は、今の異動先での人間関係がなかなかしんどい状況だったりします。

まあ、問題の対象は1人だけなので、まだ救いなんですが、

仕事上非常に近い関係の人なので、それでもしんどいですね。

そんな感じなので、先日、思い切って信用できる先輩に話してみました。

先輩も私が悩んでいる相手が変わっていることは重々理解してくれているので、

話しやすかったです。でも、こういった問題ってわかってはいるんですが、

打開策ってなかなかないもんなんですよね。

とりあえず、耐えるしかないのかなって感じです。

心療内科の話題のブログだからというわけではないんですが、

実際にうつになったりするケースって仕事上の人間関係が圧倒的なんですよね。

異動する前の場所でもうつになってしまった人がいましたが、

仕事はできても人間的にどうなのかな?って思う人が優しい人を追い込んでしまったケースで、

自分もどうすることもできなかったのが歯がゆかったです。

こういった人間関係の悩みにぶち当たったときは、

それに合った本を読んだりもして心を落ち着かせるように努めています。

本の紹介みたいになりますが、おすすめなのが江原啓之さんの悪意/善意 たましいの素顔です。

なんというか、腑に落ちてきて安心します。
posted by コンバット越前 at 20:38| 人間関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。